home > ニュース > 神戸電子専門学校の学生と一緒に、空撮・災害時利用だけじゃないドローンの今を見て触って未来を体験できる【ドローンこ遊び遠足】(後半日程)を開催しました。
神戸電子専門学校の学生と一緒に、空撮・災害時利用だけじゃないドローンの今を見て触って未来を体験できる【ドローンこ遊び遠足】(後半日程)を開催しました。 (スカイウォーカー)

先週、スカイウォーカー神戸ヘッドオフィスでドローンの操縦やVRゴーグル映像体験等で「ドローンの今」の知識を深めた神戸電子専門学校の学生10名。
本日6月22日は淡路島での野外体験を行いました。

赤外線カメラを搭載したドローンでの遭難者の捜索と物資投下実験の見学では、捜索者役と遭難者役に分かれて赤外線カメラを通した映像の中での人の見え方、投下の実際の様子を体感しました。

360°映像が撮影できるカメラの取り付けと飛行の見学、そして午後からは実際のドローン飛行を体験。
VRゴーグルをつけドローンで撮影している映像をリアルタイムで見ながらの操作やジェスチャーに合わせて動く機種を「ヘリポート」に着陸させたりと室内よりもさらにダイナミックな動きを楽しみました。

お天気に恵まれ暑い1日でしたが、皆さん最後まで元気に取り組み「ドローンの可能性」を満喫できる「ドローンこ遊び遠足」となりました。