足関節捻挫 – 明石院 (リアンズ鍼灸整骨院)

こんにちは😃
ヒマワリ鍼灸整骨院です🌻

今日は足関節捻挫について書きたいと思います。


少し暖かくなってきてなにか運動を始めている方も多いのではないでしょうか?😃

スポーツだけではなく、普段の生活でも足関節を捻ってしまうこともあります😖💦

足関節の捻挫は大きく分けて2種類あります。
1、内反捻挫・・・足首を内側にひねり(つま先や、足裏が内側方向に向くようにひねられた状態)、
         外くるぶしの前側や、外くるぶしの下を痛める。

2、外反捻挫・・・足先が外に向くようなひねり方をして、内くるぶしの下側の靭帯を痛める。


捻挫をした時の基本的な応急処置はRICE処置と言われています🌟
R・・・安静(Rest)
I・・・冷却(Icing)
C・・・圧迫(Compression)
E・・・挙上(Elevation)

炎症は48時間続くので、その間はR.I.C.Eを徹底する。
そして、損傷した靱帯がくっつくのには2週間はかかります。この間は足首は非常に弱くぐらつきやすいので、
痛みが引いていたとしても足首を90度の角度で包帯かテープで固定して再発しないようにする事が大切です。

捻挫はすぐに適切な処置をすることで、その後の治りの早さが全然違ってくるので、
捻挫した時はできるだけ早く対処することをおすすめします。
困った時は是非当院にご相談下さい。

🏠兵庫県明石市魚住町中尾277
☎️078-946-1200
🌻ヒマワリ鍼灸整骨院