「お知らせ」 – 土井病院 (栄宏会)
栄宏会 2017/2/22

当院では、以下の臨床研究を実施しています。
この研究は通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さまお一人お一人から直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされています。
この研究に関するお問い合わせなどありましたら、下記の問い合わせ先へご連絡ください。

【研究課題名】
リハビリテーション病院入院中の脳卒中高齢患者における入院時GNRIがアウトカムに及ぼす影響

【研究機関】土井病院

【研究責任者】リハビリテーション科 渡邊 佑

【研究代表者】石川 朗(神戸大学大学院保健学研究科  教授)

【研究の目的】
過去に回復期リハビリテーション病棟に脳卒中の診断で入院された患者さまの診療録(カルテ)の情報を収集し、入院時の栄養状態が治療の結果に及ぼす影響について評価する研究を行うことといたしました。この研究は、脳卒中のリハビリテーションにおける有効な治療方法の検討を目的としたものであり、皆様の今後の診療にも役立つことができると考えています。

【研究の方法】
(対象となる患者さま)2013年4月から2016年3月までに当院回復期リハビリテーション病棟に脳卒中の診断で入院された患者さま

(利用する情報)年齢、性別、身体所見、血液検査データ、既往歴、治療状況、臨床経過 等

【個人情報の取り扱い】
収集した情報は名前、住所など患者さまを直接特定できる個人情報を除いて匿名化いたしますので、個人を特定できるような情報が外に漏れることはありません。また、研究結果は学術雑誌や学会等で発表される予定ですが、発表内容に個人を特定できる情報は一切含まれません。

この研究の対象となられる方で、「ご自身の診療録(カルテ)は除外してほしい」と望まれる方は下記のお問い合わせ先までご連絡下さい。

【問い合わせ先】
栄宏会土井病院リハビリテーション科 渡邊 佑

兵庫県小野市復井町字中ノ池1723番地の2

TEL:0794-66-2119